スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

短答免除制度運用後の論文試験

予想通りの、いや予想を上回る倍率となりそうな論文試験ですが、
例年通り四通無難な答案を揃えることができれば、あとは運次第だと思います。
条文、青本、改正本、審査基準、判例を直前まで読むことをおすすめします。

あと、短答免除の方も、短答試験の四法は解いておくほうが、
短答合格者と比べて不利を被らなくてよいと思います。
短答で出題された判例は出ない!と講義でおっしゃった先生も、
かつてはいらっしゃったようですが・・・(H18?以降は絶対言えない台詞になっちゃいましたね)
スポンサーサイト
【トップページへ戻る】
Copyright @ 2007 Tatitutetokkyo. All Rights Reserved.
Admin / Designed by Aldebaran
/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。