スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

論文合格率

文章を他人に採点してもらう、という論文試験の性質上、8割程度が限界だと考えます。
一年に一回しか行われない以上、出来る限り8割に近づけるような勉強方法を採用すべきでしょう。
合格年数の期待値を良くするには(平均して早く合格するためには)、これしかないのですから。

追記(07/10/21)

弁理士試験において運が一要素であるとしたサイトは稀だと思いますが、
試験形式から考えても当然ではないでしょうか。

運が大きいからこそ、条文青本改正本審査基準レベルで穴があってはいけないのです。
「運以外は完璧」を目指しましょう。
【トップページへ戻る】
Copyright @ 2007 Tatitutetokkyo. All Rights Reserved.
Admin / Designed by Aldebaran
/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。