スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

青本、改正本、審査基準以外の本

吉藤、中山、高田、斎藤、網野、田村、牧野、・・・
これらの本がどの程度最終合格率を上げるか、気になるところですよね。

H14以降、これらが決定打となった本試論文問題は未だないと記憶しております。
結論は出せませんが、今のところ最終合格率への影響は小さいと考えます。
少なくとも、青本等より効果的だという意見は無いでしょう。

追記(07/10/21)

特許法の理解に民法の本を薦める先生もいるそうですが、不要だと考えます。
ただし「法律学小事典」等の法律用語集は、回りに質問をする先生が居ない方にとっては強力でしょう。
僕はわからない用語についてすべて有斐閣「法律学小事典」を参考にしていました。
【トップページへ戻る】
Copyright @ 2007 Tatitutetokkyo. All Rights Reserved.
Admin / Designed by Aldebaran
/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。