スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

意匠法最重要項目

審査基準に沿った条文の適用、特に類否判断が重要です。
まずは審査基準を精読し、条文の適用について整理しましょう。
以下では3条の2を除く類否判断について検討します。
パターンに抜けがあると思いますが、お許しください。

(1)物品面及び形態面から判断する組合せ

まずは基本からです。
論文で記述する際には、最後に意匠全体として類似することを明示しましょう。
意外と落としている答案が多いです。

意匠法の答案では類否判断がきちんとしていることが最低条件だと思います。
「物品面で類似、形態面で類似、よって意匠全体で類似」となりますね。
もちろん一般的な記述だけでは足りません。あてはめは必須です。

・公知の全体意匠×出願に係る全体意匠(3条拒絶)
・出願に係る全体意匠×出願に係る全体意匠(9条拒絶)
・公知の全体意匠×既登録の全体意匠(3条無効)
・既登録の全体意匠×イ号全体意匠(侵害)
・公知の全体意匠×イ号全体意匠(公知意匠の抗弁)


上記と全く同じことですが、整理のため。

・公知の部品意匠×出願に係る部品意匠(3条拒絶)
・出願に係る部品意匠×出願に係る部品意匠(9条拒絶)
・公知の部品意匠×既登録の部品意匠(3条無効)
・既登録の部品意匠×イ号部品意匠(侵害)
・公知の部品意匠×イ号部品意匠(公知意匠の抗弁)

(2)4つの観点から判断する組合せ

4つの観点は審査基準を参考にしてください。

・公知の全体意匠×出願に係る部分意匠(3条拒絶)
・出願に係る部分意匠×出願に係る部分意匠(9条拒絶)
・公知の全体意匠×既登録の部分意匠(3条無効)
・既登録の部分意匠×イ号全体意匠(侵害)

公知の部分意匠、イ号部分意匠というものは存在しませんね。

(3)その他

・出願に係る全体意匠(審査しない)出願に係る部分意匠(9条)
・出願に係る部品意匠(審査しない)出願に係る部分意匠(9条)

分からない方は、理由を書けるように、そして(口頭で)言えるようにしておきましょう。
意外にも、きちんと書けている答案が多いところです。

・公知の部品意匠(非類似)出願に係る部分意匠(3条拒絶)
・公知の部品意匠(非類似)既登録の部分意匠(3条無効)
・既登録部分意匠(非類似)イ号部品意匠(侵害)

基礎レベルの論文答練や初級ゼミではここで間違った答案が目立ちます。
審査基準に従うと、これらは必ず非類似となります。
理由を検討しておきましょう。

(追記 2007/11/07)

コピペミスによる誤記を訂正しました。
混乱された方にはお詫び申し上げます。
【トップページへ戻る】
Copyright @ 2007 Tatitutetokkyo. All Rights Reserved.
Admin / Designed by Aldebaran
/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。