スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

青本で何を習得するのか

本サイトでは青本改正本審査基準を全て精読することをお勧めしております。
これらが条文の理解に繋がり、最終合格率をかなり高い値にまですることができると考えているからです。
ここでは、青本を精読することによって何を学ぶ必要があるのか示します。
長いので区切りましょう。

まず、条文に直接記載されていない知識を習得する必要があります。
これは割と分かりやすいと思います。例を挙げましょう。

・特許を受ける権利は移転することができる(33条1項)
→特許を受ける権利は質権の目的とすることができない(33条2項)
→抵当権も不可+譲渡担保は可(青本記載)

・特許権が共有に係るときは、各共有者は、他の共有者の同意を得なければ、
その持分を譲渡し、又はその持分を目的として質権を設定することができない(73条1項)
→一般承継は可(青本記載)

・次に掲げる事項は登録しなければその効力を生じない(98条1項柱書)
→登録したからといって必ず効力を生ずるわけではない(青本記載)

・特許権又は専用実施権を侵害した者
(第101条の規定により特許権又は専用実施権を侵害する行為とみなされる行為を行つた者を除く。)は、
10年以下の懲役若しくは1000万円以下の罰金に処し、又はこれを併科する(196条)
→故意が要件に加わる(青本記載)

条文を正確に読み取れば答えを導くことができるものや、
民法や刑法の知識があれば補充できるものもあります
(公信力の部分なんか、特にそうでしょう)が、
これらは青本から直接知識を得たほうが早いと思います。

「この程度は予備校のテキストにも載っている」と主張する方もいますが、
そのテキストは出典がきちんと(項目ごとに)示してありますか?
本試を一度でも受けられた方であれば実感されることと思いますが、
青本の記載であるという事実はとても大切なのです。
H19短答本試で35条通常実施権の混同について間違った方は、
某本を本棚にしまって、このことをもう一度確認すべきです。
特許庁サイドの出版物であるという安心感が大切だと思います。

青本を読み始めたころは(特に短答過去問と交互に読み進めた場合には)
とにかくこの項目に目が行くはずです。
早い時期から、青本から直接これらの知識を習得しておきましょう。
【トップページへ戻る】
Copyright @ 2007 Tatitutetokkyo. All Rights Reserved.
Admin / Designed by Aldebaran
/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。