スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

意匠法(2)

3条の2で検索して訪れる方が多いので3条の2も簡単に解説しちゃいます。
ただ、条文の具体的な適用事例は予備校の先生から直接教わったほうが良いですよ。
信頼度が違いますからね。

まずは条文と審査基準を確認しておきましょう。

■意匠法3条の2
意匠登録出願に係る意匠が、当該意匠登録出願の日前の他の意匠登録出願であつて
当該意匠登録出願後に第20条第3項又は第66条第3項の規定により
意匠公報に掲載されたもの(以下この条において「先の意匠登録出願」という。)
の願書の記載及び願書に添付した図面、写真、ひな形又は見本に現された
意匠の一部と同一又は類似であるときは、その意匠については、
前条第1項の規定にかかわらず、意匠登録を受けることができない。
ただし、当該意匠登録出願の出願人と先の意匠登録出願の出願人とが
同一の者であつて、第20条第3項の規定により先の意匠登録出願が掲載された
意匠公報(同条第4項の規定により同条第3項第4号に掲げる事項が
掲載されたものを除く。)の発行の日前に当該意匠登録出願があつたときは、
この限りでない。

次に審査基準です。
意匠審査基準は条文と同じく、必要な情報が意外と点在しています。
これは意匠審査基準が部分意匠や組物の意匠といった
特別な出願態様について別個に章立てをして解説していることが理由です。

(以下意匠審査基準第2部第4章より引用)

■ 先願に係る意匠として開示された意匠と後願の全体意匠とが、
①先願に係る意匠として開示された意匠が全体意匠であるか部分意匠であるか、
②先願に係る意匠として開示された意匠の意匠に係る物品と
後願の全体意匠の意匠に係る物品が同一、類似又は非類似のいずれであるかを問わず、
先願に係る意匠として開示された意匠の中の後願の全体意匠に相当する一部と、
後願の全体意匠の意匠に係る物品との用途及び機能が同一又は類似であって、
それぞれの形態が同一又は類似である場合、後願の全体意匠と先願に係る意匠として
開示された意匠の中の後願の全体意匠に相当する一部とは類似する。

■部分意匠の意匠登録出願の場合は、「意匠登録を受けようとする部分」と
「その他の部分」を含む、部分意匠の意匠に係る物品全体の形態を表している
一組の図面と、その他必要な図が、先願に係る意匠として開示された意匠を特定するための図となる。

■組物の意匠の意匠登録出願の場合は、組物を構成する物品に係る意匠についての
それぞれの一組の図面、また構成物品と同時に使用されるものであり、
かつ定められた構成物品に付随する範囲内の物品に係る意匠についての
それぞれの一組の図面、あるいは構成物品を組み合わせた状態の一組の図面と、
その他必要な図についても、先願に係る意匠として開示された意匠を
特定するための図となる。

■意匠の理解を助けるために必要があるときに加える使用状態を示した図
その他の参考図の中に記載されている先願に係る意匠として開示された意匠
以外のものは、意匠法第3条の2の規定の適用の基礎となる資料とはしない。

(以上意匠審査基準第2部第4章より引用)

弁理士試験において重要だと思われる部分に限って引用しました。
今回、組物の意匠については解説しません。
最後の項目は短答専用ですね(論文答練で出題される先生もいらっしゃるようですが)。
さて、もう一つ必要なのが意匠審査基準第七部第一章です。

(以下意匠審査基準第七部第一章より引用)

■先願に係る意匠として開示された意匠と、後願の部分意匠とが、
① 先願に係る意匠として開示された意匠が全体意匠であるか部分意匠であるか、
②先願に係る意匠として開示された意匠の意匠に係る物品と
後願の部分意匠の意匠に係る物品が同一、類似又は非類似のいずれであるかを問わず、
先願に係る意匠として開示された意匠の中の後願の部分意匠の
「意匠登録を受けようとする部分」に相当する一部と、
後願の部分意匠の「意匠登録を受けようとする部分」との用途及び機能が
同一又は類似であって、それぞれの形態が同一又は類似である場合、
先願に係る意匠として開示された意匠の中の後願の部分意匠の
「意匠登録を受けようとする部分」に相当する一部と後願の部分意匠とは類似する。

(以上意匠審査基準第七部第一章より引用)

ここまで精読したら準備OKです。
むしろ以下の解説が必要ないかもしれません。
パターン抜けや間違いがあるかもしれませんのでお許しください。
カメラです。

【3条の2適用事例その1】

基本中の基本です。
後願の全体意匠(ここでは部分意匠の「意匠登録を受けようとする部分」と
区別するため全体意匠と呼ぶことにします。この方が
審査基準第二部第四章に沿っていますしね)であるレンズは
先願の全体意匠の一部であるレンズと用途機能が同一であり、
かつ形態が同一であるので後願の全体意匠であるレンズは
先願の全体意匠の一部であるレンズと同一である。
でいいでしょう。

【3条の2適用事例その2】

■部分意匠の類否判断で用いる4要素を持ち出してはいけません。審査基準第七部第一章に従います。

審査基準とは逆の流れになりますが、先願を全体意匠に固定して後願を変えてみました。
後願の部分意匠の意匠登録を受けようとする部分であるシャッターボタンは
先願の全体意匠の一部であるシャッターボタンと用途機能が同一であり、
かつ形態が同一であるので後願の部分意匠の意匠登録を受けようとする部分である
シャッターボタンは先願の全体意匠の一部であるシャッターボタンと同一である。
でいいのでしょう。

【3条の2適用事例その3】

■例2と全く変わらないことが重要です。
■部分意匠の類否判断で用いる4要素を持ち出してはいけません。審査基準第七部第一章に従います。

後願の部分意匠の意匠登録を受けようとする部分であるシャッターボタンは
先願の全体意匠の一部であるシャッターボタンと用途機能が同一であり、
かつ形態が同一であるので後願の部分意匠の意匠登録を受けようとする部分である
シャッターボタンは先願の全体意匠の一部であるシャッターボタンと同一である。
でいいのでしょう。

【3条の2適用事例その4】

■「意匠登録を受けようとする部分」と「その他の部分」を含む図が、
先願に係る意匠として開示された意匠を特定するための図となるのですね。

解説は不要ですね。
以下も解説はありませんが参考にどうぞ。

【3条の2適用事例その5】


【3条の2適用事例その6】


【3条の2適用事例その7】



以上です。

追記 一部間違いがありました。
【トップページへ戻る】
Copyright @ 2007 Tatitutetokkyo. All Rights Reserved.
Admin / Designed by Aldebaran
/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。