スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ミスを能動的に防ぐ

単一性をいつも落としてしまう場合(僕がそうでした)、
「単一性に気をつけよう」という反省だけでは実効が薄いと思います。

「問題文を読んで請求項が複数になっている場合、
単一性を落とさないよう答案構成用紙の一番上に単一性と大きく書くようにしよう」
というのが一つの方法でしょう。
項目として必要か否かは後で考えれば十分です。

特許管理人も同様です。
「問題文に外国という文字を見つけた場合(以下略)」
となりますね。

上記のように、自分に多いミスについて、
自分専用の対処法を用意しておくことをオススメします。
【トップページへ戻る】
Copyright @ 2007 Tatitutetokkyo. All Rights Reserved.
Admin / Designed by Aldebaran
/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。